Apex Legendsを動作するPCを考えてみた

Pocket

昨今GPU不足の中でこういう記事を書くのは非常に恐縮ですが・・・・
ついに手を出してみました
Apex Legendsにおいては 日本はEA調べだと世界2位の市場みたいですね~ う~ん凄い 
Season9でヴァルキリーが新たなプレイアブルキャラとして追加されましたが彼女の名前はイマハラ・カイリだそうで日本人ルーツなキャラみたいですね
勢いに乗るApex Legendsに乗っかろうという魂胆です はい。
いつものように動作環境を見てみましょう。

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB
  • GPU:  Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM:  8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

以上は推奨動作環境です おそらくフルHD60FPSターゲットかと思われます。 意外と今となっては要求はあまり高くないですね。

今回はおもいきって絶対60FPSを切らないマンになれるような構成を考えてみたいと思います。

  • OS: Windows 10 64ビット版
  • CPU: Intel i7 11700 or AMD Ryzen5 5600X
  • メモリ: 16GB
  • GPU:  Nvidia GeForce GTX 3060
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

上記のようなミドルクラス構成であれば 録画配信をしない限りは絶対60FPSを切らないどころか144FPS保持も現実なようですね。
録画、配信を希望する方だとCPUをI9 Ryzen7以上 RTX3070以上が必要かと思われます。

弊社のPCだとPG-PGなんかドンピシャのモデルですね~ 
変わり種だとPG-KGという煙突型も面白いかと思います!

おうちから出られない状況がまだまだ続きますので 快適なPCを使用してイライラ発散ストレスフリーな生活を楽しみましょう。