FF14紅蓮のリベレーター発売企画 いろいろな推奨パソコンを比較してみよう!その1

Pocket

スクウェア・エニックスから,MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」が発売になりました。
公式ページ http://jp.finalfantasyxiv.com/stormblood
■アップデート内容
・新たな冒険の舞台が追加
・新たなジョブ「赤魔道士」「侍」の追加
・泳ぎと潜水ができる「水中アクション」の追加
・レベルキャップが60→70へ開放
・バトルシステムの変更
・新たなダンジョンの追加
・新たな装備品の追加
などなど、盛りだくさんの内容になっています。

■動作環境
アップデートに伴って、動作環境も変更になっています。下の表はDirectX 11版での動作環境です。CPU、メモリ、グラフィックカードの要求スペックが上がっているみたいです。

必要動作環境 推奨動作環境
OS
Windows 7 64bit、Windows 8.1 64bit、Windows 10 64bit
CPU Intel Core™ i5 2.4GHz Intel Core™ i7 3.0GHz
メインメモリ 4GB以上 8GB以上
ハードディスク/
SSD空き容量
60GB以上
グラフィックカード NVIDIA Geforce GTX750以上、
ATI Radeon™ R7 260X以上
NVIDIA Geforce GTX 970以上、
AMD Radeon™ RX 480以上
画面解像度 1280×720 1920×1080
サウンドカード
DirectSound 対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上)
DirectSound
DirectX 9.0cおよびDirectX 11

■各パソコンメーカーから推奨PCが発売中
様々なBTOパソコンメーカーから、推奨環境を満たすパソコンが発売になっています。基本的にはこれらのパソコンを選んでおけば快適にプレイすることが可能です。
いくつか例を挙げて解説していきます。
・ドスパラ http://www.dospara.co.jp/5gamepc/cts_lp_ffxiv_sb
ミドルタワー型を3製品、スリムタワー型を1製品、ノートパソコンを1製品発売しています。

今回はドスパラのFF14推奨パソコンで最上位の製品とストームのゲーミングパソコンの比較をしてみます。
ガレリア ZZ
Heavy Gamer Z270G1080Ti

ドスパラ ストーム
製品名 ガレリア ZZ Heavy Gamer Z270G1080Ti
OS Windows 10 Home 64bit オプション
CPU
Intel Core™ i7-7700K 4.2GHz
CPUクーラー 空冷型クーラー 【水冷型】Dynatron L5 Liquidcooler
メインメモリ
16GB
ハードディスク/
SSD
SSD 500GB,HDD 3TB NVMe SSD 256GB
グラフィックカード
NVIDIA Geforce GTX1080Ti
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ Blu-rayドライブ
マザーボード Z270チップセット ATX ASUS ROG STRIX Z270F GAMING ATX
ケース ガレリア専用ケース ATX CoolerMaster CM Storm Stryker
電源 Enhance 800W 80PLUS GOLD CoolerMaster V750 Semi-Modular 80PLUS GOLD
価格
239,980+税
260,926+税

※価格や仕様は執筆時のものです

前提
主要パーツであるCPU、メモリ、グラフィックボードが共通しています。推奨環境も大きく上回っているので、FF14をプレイするにあたってどちらのPCでも特に大きな問題は無いでしょう。

ポイント1 ストレージの容量を取るか、速度を重視するか
ドスパラではSSD500GBと3TBのHDDが標準で搭載されています。WindowsとFF14をインストールしても150GBも使わないはずなのでかなり余裕をもって使用できますね。使い方によっては3TBのHDDは無用の長物になってしまう可能性も。

ストームでは一般的なSSDよりも高速で読み込み書き込みが行える、NVMe SSD 256GB が標準搭載されています。理論上では一般的なSSDの3倍近い速度を誇っています。ゲーム以外の大きなデータを扱う場面でも効果が見込めるので、速度を重視する方にオススメですね。容量が心もとないと思う場合は追加オプションでHDDを追加するのもアリです。

容量あたりのコストなら一般的なSSD。高いパフォーマンスを求めるならNVMeSSD。

ポイント2 外観は重要な要素である
ドスパラでは、ショップオリジナルのPCケースを標準採用しています。ブラックを基調としたオーソドックスなデザインです。最近流行りのLED装飾等にはあまり向いていませんが「パソコンらしいパソコン」の外観と言えるでしょう。前面の半分はメッシュ仕様になっているので冷却性は問題無いかと。

ストームではCoolerMaster製のゲーミング向けPCケース「CM Storm Stryker」を標準採用しています。ゲーミング向けだけあって、大型のグラフィックカードや大量のストレージを格納可能です。また、現在では珍しい白を基調としたデザイン、内部構造を見ることが可能なアクリルウインドウを装備。LED装飾の機能を搭載したマザーボード「ASUS ROG STRIX Z270F GAMING」を組み込んでいるので、視覚的にも楽しむことが可能です。

特にこだわりが無ければオーソドックスなPCケースで充分、特徴のあるPCケースで他のPCとの「違い」を見せつけるのもアリ

結論
標準構成での価格差が約2万円ほど。FF14を楽しむという観点で考えれば、
コストパフォーマンスに優れたガレリア ZZ。
高いパフォーマンスと視覚的に魅せるHeavy Gamer Z270G1080Ti。
という感じでしょうか。

次回は他のPCでも比較をしてみようと思います。

ストームのゲーミングPCはこちらから