WHOが「ゲーム障害」を疾病と認定

Pocket

世界保健機構(WHO)によって、「ゲーム障害」が疾病として加えられました。
主な兆候として下記の3項目が挙げられています。

1、ゲームをすることへの抑止力が欠如している
2、ゲームへの優先度が高く、家族関係や仕事等の日常生活よりも上回ってしまう
3、悪影響が出ているにもかかわらず、ゲームを続けてしまう

こういった状態が12か月以上続くと「ゲーム障害」と認定されるようです。

昔から、中毒性が高く止め時が分からないほど楽しいゲームというのは存在していて、
「仕事から帰ったら朝までゲームに没頭してしまう」ような作品もありました。
PCゲームの有名どころではcivilizationシリーズとかでしょうか。

ただ、今回認定された「ゲーム障害」は、中毒性というよりも依存症に近いものなのかなと感じています。
アルコールやギャンブル依存にも近い部分があるのかなと。

現状ではゲーム障害の有病率は「極めて低い」とのことです。
節度を持って楽しんでいる分には問題無いようです。

というわけで、PCゲームをするならストームのパソコンで(こじつけ感)!

個人的には、「なぜゲーム障害になってしまったのか」という原因の排除が進めば良いなと思います。
対人関係が上手く築けないとか、日常生活がつまらないとか、何か原因があっての結果だと思います。
「ゲームによって病む」というよりも、「病んでいるからゲームに逃避する」みたいな感じ。
そういった現状の把握と改善が進めば有意義だなと思います。