RTX2080搭載パソコン比較

Pocket

話題のグラフィックボードRTX2080が9/20に発売されました。
パーツ単体としての販売はもちろん、各パソコンメーカーもRTX2080搭載パソコンを発表しております。

というわけで、前回に引き続き今回もRTX2080搭載パソコンの比較をしてみようと思います。
比較対象はいつもの4ショップさんです。

RTX 2080 搭載BTOパソコン(9/21時点で発表済み)

 
マウスコンピューター
MASTERPIECE i1630PA3-SP
ドスパラ
GALLERIA ZG
パソコン工房
LEVEL-R037-i7-VO
ツクモ
G-GEAR GA7J-Y180/ZT
ストーム
STORM-AB
CPU
Core i7-8700K
Core i7-8700K
Core i7-8700
Core i7-8700
Core i7-8700
メモリ
32GB
16GB
8GB
16GB
32GB
VGA
RTX2080
RTX2080
RTX2080
RTX2080
RTX2080
SSD
480GB
NVMe512GB
無し
500GB
NVMe500GB
HDD
3TB
3TB
1TB
2TB
2TB
OS
Windows 10 Home
Windows 10 Home
Windows 10 Home
Windows 10 Home
オプション
価格
323,784円(税込)
280,778円(税込)
226,778円(税込)
258,984円(税込)
299,800円(税込)

 

 

■■マウスコンピューターさん■■
8700K/メモリ32GB/SSD480GBを搭載したハイスペックのゲーミングパソコンです。
GTX2080は初回入荷分が少なかったのか出荷予定日が10/5ごろとなっています。
マウスさんもGTX2080の確保に苦心されているようですね。
価格を抑える為なのか、SSDがNVMeでは無いところがちょっと気になります。
とはいえ最新の3DゲームやVRがかなり快適に動作することは間違い無いと思います。
標準構成のサイドパネルは強化ガラスでは無いのでご注意。

■■ドスパラさん■■
マウスコンピューターさんと比べるとメモリが半分の16GBになっている代わりに、
SSDが超高速NVMeの512GBになっています。
メモリ容量よりもストレージの速度を優先するコンセプトで構築している模様。
ゲームの快適性だけを考えればストレージ速度を優先した方が効果的か。
メモリを32GBに増やしても、マウスさんと比べて14,000ぐらい安いです。
PCケースに拘りが無ければドスパラさんの方が割安ですね。

■■パソコン工房さん■■
メモリ8GB/SSD無し/HDD1TBと、他のショップさんと比べて基本構成を絞って構築されています。
その分価格を抑えてあるので、「今使ってるSSDやメモリを移植して使う」という用途に良さそう。
ドスパラさんと同じくらいの構成に変更すると、ほぼ同じぐらいの金額になります。

■■ツクモさん■■
基本構成はマウスさんとドスパラさんの中間といった感じです。
ドスパラさんと同じくらいの構成にすると30万円ぐらいになります。
カスタマイズするとちょっと割高感あるかも。標準構成で買うならバランス良いと思います。
ちなみにツクモさんのみ納期3営業日と短いです。RTX2080の確保に成功した模様。羨ましい。

■■ストーム■■
メモリは32GBの大容量/超高速NVMeSSD500GBを搭載しています。性能盛り盛り。
折角の高性能パソコンなので、外観にもこだわりました。
アルミ仕様の外装に強化ガラス製のサイドパネルを装備した、高級感溢れるパソコンとなっております。
中身も外観もハイスペック。満足感は高いんじゃないかなと思って設計しました。
CPUクーラーは水冷です。
初回生産分はご予約で完売してしまいました。月末に2次生産分がご用意出来たらいいなと思っています。

■■まとめ■■
予想通りRTX2080の供給量が少ないこともあって、ツクモさん以外のショップは納期が長め。
性能と価格を見比べると、どこも似たり寄ったりな価格帯に落ち着いている印象です。
PCケースの違いがそのまま価格差になっている感じ。
今回はパソコン工房さんの「CPUとグラフィックは良いもの、あとは必要最低限」という
割り切った構成が面白いなと思いました。
組み立ての知識が必要ですが、手持ちのパーツを活かしながら最新の環境へ移行するには良さそう。

ストームではRTX2080の供給が少ないこともあって、特別モデルとしてラインナップに入れました。
供給が安定してきたら、ゲーミングパソコンの「PGシリーズ」としてレギュラー入りを考えています。
年末までに出来たらいいなぁ。

次の比較は薄っすらと噂されているi9-9900Kが出てくるあたりでしょうか。
次回もお楽しみに~

今回ご紹介したストームのパソコンはコチラから