FF14紅蓮のリベレーター発売企画 いろいろな推奨パソコンを比較してみよう!その3

Pocket

スクウェア・エニックスから,MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」が発売になっています。
公式ページ http://jp.finalfantasyxiv.com/stormblood

前回はドスパラのFF14推奨パソコン「ガレリア XF」と、ストームのゲーミングパソコン「Artemis ADVANCE i7Z270G1070」の比較を行いました。
※前回の記事はコチラhttps://www.stormst.com/blog/?p=135
今回はパソコン工房のFF14推奨パソコンとの比較をしてみようと思います。

まずはFF14の推奨環境のおさらいから。
■動作環境

必要動作環境 推奨動作環境
OS
Windows 7 64bit、Windows 8.1 64bit、Windows 10 64bit
CPU Intel Core™ i5 2.4GHz Intel Core™ i7 3.0GHz
メインメモリ 4GB以上 8GB以上
ハードディスク/
SSD空き容量
60GB以上
グラフィックカード NVIDIA Geforce GTX750以上、
ATI Radeon™ R7 260X以上
NVIDIA Geforce GTX 970以上、
AMD Radeon™ RX 480以上
画面解像度 1280×720 1920×1080
サウンドカード
DirectSound 対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上)
DirectSound
DirectX 9.0cおよびDirectX 11

今回はパソコン工房の「LEVEL-C122-i5-RNJR-FFXIV」と、
ストームの「Aigis Cube Mini i5H110G1060」で比較をしてみたいと思います。

こちらが主なスペックです。

パソコン工房 ストーム
製品名 LEVEL-C122-i5-RNJR-FFXIV Aigis Cube Mini i5H110G1060
OS Windows 10 Home 64bit オプション
CPU Intel Core™ i5-7500 3.40GHz Intel Core™ i5-7400 3.00GHz
CPUクーラー
空冷型クーラー
メインメモリ
8GB
ハードディスク/
SSD
SSD 240GB,HDD 1TB HDD 500GB
グラフィックカード NVIDIA Geforce GTX1060 3GB NVIDIA Geforce GTX1060 6GB
光学ドライブ オプション オプション
マザーボード H110チップセット Mini-ITX ASRock H110M-ITX/ac
ケース コンパクトタイプMiniITXケース RAIJINTEK METIS Silver
電源 500W 80PLUS SILVER CWT GPK700S 700W 80PLUS BRONZE
価格
106,980+税
91,482+税

※価格や仕様は執筆時のものです

前提
主要パーツのうち、メモリ、グラフィックボードが共通しています。CPUに関して、どちらもi5なので大きな違いは無さそうです。推奨環境をしっかり押さえているので、FF14をプレイするにあたってどちらのPCでも特に大きな問題は無いでしょう。

ポイント1 グラフィックボードのメモリは後から増やせない
「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」に限らず、最近の3Dゲームはグラフィックボードの性能を重視する傾向があります。
GTX1060には搭載メモリが3GBのモデルと6GBのモデルが存在するので、購入時に注意しましょう。
どちらのモデルでもゲームのプレイは行えますが、当然のことながらメモリが多いほうが複雑な処理の時には快適に動作します。
ちなみに、グラフィックボードは「メモリだけ後から増やす」ということが出来ません。

パソコン工房のパソコンでは
メモリ3GBのGTX1060が標準で搭載されています。これでも充分だと思いますが、不安な方や少しでも快適にゲームをプレイしたい場合は+9980円で6GBのモデルへ変更しましょう。

ストームのパソコンでは、
メモリ6GBのGTX1060が標準で搭載されています。コンパクトなパソコンに最適な1ファンモデルを採用しています。

グラフィックボードのメモリは後から増やせない。少しでも快適なゲーム環境を求めるのであれば、メモリ6GBモデルがオススメ。

ポイント2 コンパクトなパソコンは机上に設置することが多い。常に目に入る位置にある為、外観は重要な要素である。
机の上など、比較的目に付きやすい位置に設置することが多いコンパクトなパソコン。毎日見ることを考えると、外観にもこだわりを持ちたいところ。

パソコン工房ではオリジナルのコンパクトPCケースを採用しています。内部のレイアウトを工夫することで、コンパクトながらもミドルクラスのグラフィックボードが搭載可能になっています。前面にファンを追加することが出来るので、エアフローを強化することが可能です。
また、前面のエアベント部分は取り外しができるので、3Dプリンター等でオリジナルのデザインを作って取り付けることが可能です。
ちょっと手間ではありますが、こだわりたい人には嬉しい機能ですね。

ストームではRAIJINTEK製のコンパクトなアルミ仕様のPCケース「METIS Silver」を標準で採用しています。全部で7色のカラーバリエーションは、他のPCケースではあまり見ない特徴。部屋の雰囲気に合わせてカラーコーディネートすると、統一感が出て良いですね。こちらもミドルクラスのグラフィックボードが搭載可能。SSDもHDDも各1台の搭載が可能です。大きさを考えれば充分な拡張性ですね。

3DプリンターでオリジナルデザインのPCケースにするも良し、豊富なカラーバリエーションで好みのカラーコーディネートをするも良し。

結論
ゲーミングパソコンとしてはどちらもミドルクラスの性能を持っています。FF14も充分楽しむことが可能でしょう。
冷却性能を重視するのであればパソコン工房、好みのカラーがあるならストーム、という感じでしょうか。

LEVEL-C122-i5-RNJR-FFXIVの製品ページ→コチラ
Aigis Cube Mini i5H110G1060の製品ページ→コチラ

次回のPC比較をお楽しみに。

ストームのゲーミングPCはこちらから